自由設計で夢のMy Homeをゲット|こだわりを持った住まい造り

ピックアップ



住宅に使用する木材

住宅に使用される木材はほとんど輸入されたものであり、高温多湿な日本の環境にはあまり適していない事が多いです。また国内の木材を使用することで、冬や夏でも快適に過ごせる住宅を作ることができます。

» 詳細を確認する

最新の記事

クローゼットの需要

ウォークインクローゼットの需要は高まっており、クローゼットを設置する住宅は増えてきています。またクローゼットをリビングと玄関の間に設けることで、すぐ服をしまうことができるなどさまざまな効果を得ることができます。

» 詳細を確認する

四季工房で住宅建設

四季工房は住宅を建てる際によく選ばれている建設会社で、最も人気の高い会社となっています。また四季工房はさまざまな取組を行っており、どのような要望にも親身になって対応してくれると評判です。

» 詳細を確認する

木造住宅の人気

こだわりの家づくりが実現する京都の注文住宅は、依頼者の希望に沿ったデザインに仕上げてくれますよ。施工事例も豊富にあります。

自由設計で人気沿線の住宅が買えるチャンス!川西の一戸建てなら、子育てに最適なエリアでマイホームにぴったりな物件が見つかります。

進化する木材・新しい木の家の誕生

火事や地震に弱い、耐久性に問題があるなどの理由で敬遠されることもある木造住宅ですが、やはり木の家は根強い人気を誇っています。それは木という素材の持つ暖かみや、自然素材のクリーンさが魅力なのでしょう。 しかも最近は建築技術や塗装の進歩により、木の家の弱点を補強することが可能になりました。例えば、材料として使われる木材の進化です。いわゆる集成材や合板と呼ばれるものです。これらは加工することにより、元々の木材よりも強度や断熱性、防火性などが優れた材質となっているのです。また、防腐処理の徹底により、懸案であった木の家の長寿化も促進しています。 今後はますますこうした自然の材質に科学の力を加えた材料が、木の家を作る際に用いられていくことでしょう。木の良さはそのままに、より強く、より快適に、そうした新しい木の家が生み出されていくのではないでしょうか。

家を建てる時の注意点は何か

暖かみがあり、通気性もあり、良いところが満載の木の家ですが、建築する時にはいくつか注意しなければならない点があります。 まず、木は生きているので寸法が変わったり、歪んだりすることがある、ということです。むろんこれらは建築業者の人達にはよく分かっていることなので心配無いとも言えるのですが、例えば急ごしらえでまだよく乾ききっていない木材などを使うと、後で寸法がおかしくなることがあります。 また、人間に心地良いということは裏を返せば虫にも住みやすい、ということになり、あのイヤなシロアリ始め、虫の住処になる確率は鉄筋の家よりも高いと言えるでしょう。 しかしこれらの注意点は施工する業者がきちんと作る時に処理をしていれば、ある程度防げる問題ばかりなのです。 結局、木の家を作る時に最も注意しなければならないことは、信頼できる建築業者を選ぶ、ということにつきるのではないでしょうか。良い業者と良い付き合いをする、これが良い木の家に住む確実な方法なのです。

四季工房に関連することが掲載されている雑誌を、お捜しならコチラのサイトまでアクセスしてみてください!

四季工房のお役立ち情報が盛りだくさんで載っている雑誌はコチラにあります!是非注文してみてください。

理想の住宅を手に入れる為にも自由設計の家を建てましょう。設計で評判の良い住宅メーカーから自由設計のメリットまでチェックできます。